Canon EOS Kiss X7

Canon EOS Kiss X7でWi-Fiを使う方法とWi-Fi機能はそんなに重要ではない理由を説明する

Wi-Fi画像

実はCanon EOS Kiss X7にはひとつだけ残念な点があります。それはカメラにWi-Fi機能が内蔵されていないということです

Canon EOS Kiss X7に関して言えば、こういう機能を外すことで「世界最小・最軽量」を実現できているので、Wi-Fi機能がないのも当たり前っちゃ当たり前の話なんですが。

しかし!これからCanon EOS Kiss X7を購入したいと思っている初心者の方や、PCを持っていない人、PCでの色補正や画像圧縮を必要としていない人にとっては、カメラにWi-Fi機能が内蔵されていないことは重大なことで、そこをネックに購入を悩まれている方も多いのではないでしょうか。

でも安心してください。カメラにWi-Fiが内蔵されていなくても、Wi-Fiを使用することができます。

Wi-Fi機能が内蔵されたSDカードを使用するという方法

カメラにWi-Fi機能が内蔵されていないのなら、Wi-Fi機能が内蔵されているSDカードを使いましょう!

Eyefi Japanの「Eye-Fi Movi」、東芝の「FlashAir」などが代表的ですが、私が勧めるなら値段が安いので東芝の「FlashAir」ですかね。価格に関しても容量にもよりますが、3,000円~6,000円前後で購入することができます。

このSDカードを使用することで、カメラ自体にWi-Fiが内蔵されていなくてもWi-Fi機能を使うことができ、撮った写真をすぐにスマホやタブレットに転送することができます。このくらいの値段でWi-Fi機能付きのカメラに変身してしまうのだから、良い時代になりましたね。

FlashAirにはいくつか種類があります。スマホやタブレットへの転送だけを考えるならばSD-WD/WCシリーズの<W-02>で十分ですが、パソコンへの転送も考える方はSD-UWAシリーズ<W-04>・SD-WEシリーズ<W-03>を購入しましょう。

【追記】最近FlashAirを購入したのでCanon EOS Kiss X7でWi-Fiを使用して写真の転送を行っています。FlashAirの使い方を詳しく説明した記事をどうぞ。

FlashAirを挿入
Canon EOS Kiss X7でFlashAirのWi-Fiを使ってiPhoneに写真を転送する方法以前「RAW現像こそが写真の醍醐味であり、PCで現像するのだからWi-Fi機能はそんなに重要ではないよ」と説明しました。 http...

でも一眼レフカメラで写真をガッツリやりたいなら、考えるべきはWi-Fi機能の有無ではない

ライトルームでの編集画面

たぶんカメラにWi-Fi機能が欲しい理由は、撮った写真をすぐにシェアしたかったり、スマホで画像処理したかったり、そもそもPCがなかったりするからだと思います。

私の場合は以前EOS30Dという古い機種を使っていたこともあり、Wi-Fi機能がないのが当たり前の状態で長年作業をしていたので、めんどくささは多少ありますが特にWi-Fi機能の必要性を感じていないというのが正直なところです。

写真を撮った後にPCにデータを移してガッツリ現像したい!という人にとってもWi-Fi機能は必須ではないと思います。

是非RAWで撮って現像にも挑戦してもらいたい

RAWの写真が撮れるカメラをもつ醍醐味といえば、撮った後に自分の手で「現像」できることです!私のカメラライフでこれほどに「現像」というものが楽しいだなんて今まで知りませんでした。写真を撮ることと同じように現像も大事で楽しい行程だと言えます。

買うならWi-Fi機能付きのSDやカメラではなく、Canon EOS Kiss X7などのように機能は少ないけれど値段が安いカメラを買って、その浮いたお金をPC代や現像ソフト代にあてて欲しいと私は考えます。

スマホでもある程度のことはできるが…

確かに今はPCでなくても、スマホのアプリなどを使えばRAW現像をすることはできますが、やはり細かく色味を変えながら現像するのはPCじゃないとできません。

写真にハマってきて高みを目指すとなると、スマホでは満足できなくなってきて本格的に現像したくなります。そういう日が絶対にきます。

そして現像した写真はDropboxでスマホと共有すればいいんです。

Dropbox

Dropbox

Dropbox無料posted withアプリーチ

私の作業フローを例にするとこんな感じ

私が写真を撮ってから写真をシェアしたり共有する行程はこのような感じです。

  1. 写真を撮る
  2. 有線でPCに写真を移動
  3. ライトルームで現像
  4. 現像した写真をGoogleフォトにアップ
  5. PCからスマホへDropboxを使って写真を送る
  6. スマホからインスタグラムへ写真をアップ
  7. Googleフォト上で友人や家族にアルバムを共有

まとめ

花の写真

Wi-Fi機能がないよりあったほうがいいのは間違いないですし、便利で楽な部分もたくさんあります。そもそもそこまで写真に拘らなくていいのならWi-Fi機能は絶対あったほうがいいです

ですが、せっかく安くて高性能なカメラがあるので、買うならWi-Fi機能付きのSDやカメラではなく、値段が安くてRAWが撮れるカメラを買って、その浮いたお金でPCや現像ソフトを買った方が今後絶対に役に立つと思いますよって話でした。

それでもカメラ本体にWi-Fi機能が付いていてほしいという人へ

もちろんお金に困って無い人はWi-Fi機能付きのいいカメラを買って、PCを買って、現像ソフトも買えばいいんですよ。それが1番最強です!

Canon EOS Kiss X7のひとつ上の機種であるCanon EOS Kiss X8iなら、カメラ本体にWi-Fi機能がついています。値段は上がりますが思い切ってCanon EOS Kiss X8iを購入するというのもひとつの手ですね。

今現在わたしはソニーのα6000という機種を使ってますが、こちらのカメラはWi-Fi付きで便利、値段も安いのでオススメですよ!

α6000の外観の写真
ソニー α6000 レビュー|安い・早い・コンパクトが揃ったオススメのミラーレス一眼2014年3月に発売されて4年が経ったソニーのα6000。こちらを先日購入しました。 発売してから4年も経った型落ちのカメラをなぜ...

以上、こりのろっさ(@rossa1523 )でした。