テントファクトリーのダブルドームテントを今年の夏のキャンプデビューに向けて購入しました!

テント購入

夏といえばキャンプですね!

私の父は蛾が嫌い(笑)な為に、一緒にキャンプに行ったのは数えるほどしかありませんが、そのかわりに親戚のおじさんやその子ども達とキャンプに行くことが多くありました。キャンプは私が幼き頃の夏休みの恒例行事でした。

大人になってからもちょくちょくキャンプに参加していましたが、4年前に1度このキャンプにキャンプ初体験の夫が参加した事がきっかけとなり、そこから「子供が生まれたら3人でファミリーキャンプをする」というのが夫婦の夢になりました。

それから間もなくして子が生まれて2年後、息子は外で遊ぶのが大好きな子に育ち、そろそろここらでデビューしちゃいますか!って話に最近なりまして、この夏にキャンプデビューすることが決定しました。

ということで、コツコツとキャンプ用品を揃えはじめています。

テントファクトリーのダブルドームテントを購入

テントがないと始まらないってことで、まずはテントを購入することに。

2ヶ月間くらいずっと考えて、コスパが最強だというテントファクトリーのダブルドームテントを購入しました。このテントはテントファクトリーとナチュラムの共同開発で作られたテントです。

テントファクトリーとはどんなブランド?

はじめて聞いたという人も多いかもしれません。それもそのはず、2012年の春と比較的最近にできたアウトドアギアブランドなのです。


テントファクトリー公式ページを見る

クオリティーが高いながらも驚くのはそのリーズナブルな価格。私のような貧乏でも手が届く代物が多いことが特徴です。

テントファクトリーのダブルドームテントはコスパ最強

このテントはナチュラムさんで購入しましたが、42,800円で購入しました。(2017年6月時点)

ただし、この42,800円は専用のグランドシートと専用のインナーマット付きのセット価格です。単体で購入すればもう少し安いです。

しかしツールームテントなのにこの価格ということにビックリです。他のブランドだとまずこの値段で買えません。でもこの価格に対して安かろう悪かろうじゃないところがテントファクトリーのすごいところ。

なんと耐水圧も高く、フライ・フロアシートで3000mmあります。耐水圧が高ければ万が一雨が降ってしまっても安心です。

実はキャプテンスタッグのツールームテントと最後まで迷っていたのですが、キャプテンスタッグのツールームテントは耐水圧が1000mmと低かったんです。これがテントファクトリーのダブルドームテントを購入する決め手となりました。

ツールームにした理由

ツールームにした理由としては、冬もキャンプに行きたいからという理由と、あとタープを買わずにテントひとつでやりくりしたかったからです。

寝る部屋とリビングを別にできるので、荷物もテント内に置けますし、タープがない分荷物が少なくなると考えました。

実際に川原に行ってテントを設営してみた

テントファクトリー

設営時間1時間!結構かかってしまいました(笑)しかも汗だくです。でも次回は30分で設営する自信があります!

時間がかかった理由としては、ポールを指す場所がわからなくてまごついた、といったところでしょうか。説明書は一応ついてきたのですが、あってないようなものだとお考えください(笑)あまりに簡易すぎます。

YouTubeにあるテントの設営方法を見て予習してからテントを設営したほうがわかりやすくていいと思います。


思っていたよりいい色味

コールマンのよく見る派手な緑色や、スノーピークの落ち着いた茶色とは違って、派手すぎず落ち着きすぎずのいい色味だと思いました。

黄色に近い黄緑色をしていますが、チャコールグレーと赤色がいいアクセントになっています。この色味のテントは珍しいんじゃないでしょうか。

思ってたより広いリビングスペース

テントファクトリー3

設営してみてわかりましたが、かなりリビングスペースが広いことがわかりました。家族3人なら十分すぎる広さです。

写真では夫がかがんでしまっていますが、大人1人が余裕で立てる高さです。一番高いところで2mあります。幅も約3mとこちらも申し分ありませんね。

リビング横が完全に開くようにできており、ここからいい風が抜けて通ることもわかりました。

思ってたより広すぎた寝室

3人じゃ少し広すぎない!?とも思いましたが、着替えとか荷物を置いたらちょうど良いかなとも思います。

セットになっていたインナーマットも敷いて寝転んでみましたが、まぁホームセンターに売っている銀マットと対して変わらない厚さです。「銀マットに布巻いた」ぐらいのレベルですが、でも芝生の上なら全く問題ないでしょう。

このテント専用のマットなので寝室にピッタリはまるのが気持ちいいです。

やはり寝室が取り外しできるタイプにして正解

昼は寝室を付けずにフライのみとして、タープ代わりに中で過ごすのがいいなと思いました。広いので寝室部分にはレジャーシートを広げて、靴を脱いでリラックスできる空間を作ってもいいなとも思いましたね。

少し気になった点

テントファクトリー2

気になる点としては、2人での設営が結構大変なこと。ドーム型でポールをクロスさせて建てるから、持ち上げる時に重いです。とくに女性だときついかも。

それから出入り口が内側に折れこんでいるから、テントのリビングスペースにものを置く時に少し置きにくいかなとも思いました。

あと寝室スペースのフライには通気口がありますが、とても小さいので真夏は少し暑いかもとも思いましたね。でも後ろ部分はすべて開放できるようになっているので、夜はこの部分をメッシュにしていれば風が通って十分かもしれません。

結果的にテントファクトリーのダブルドームテントは買って正解!

色々と気になる点はあるものの、この値段でこの機能なら文句ナシです。いい買い物をしました。大満足です。

今回実際に設営してみましたが、できるならキャンプ道具を揃える前にまずテントを買って、実際に設営したほうがいいです。数字から想像した大きさと実際に建てて入ってみた感じでは全く違います。

まずは体感してみてから、その中を埋めるようにキャンプ道具を揃えてみてもいいかもしれません。

さぁ広さもわかった事だし、それらを踏まえてテーブルと椅子を購入する予定です。また追って報告します。

以上こりのろっさでした!チャオ!