胎芽が見えなかったけど繋留(稽留)流産じゃなかった話

枯れ葉

妊娠中はいろいろなトラブルに見舞われまして、貴重な体験を数々してきました。

どうも、こりのろっさ(@rossa1523 )です。

今回は胎芽が見えなくて繋留(稽留)流産と言われたけど、ちゃんと生きていたという貴重な私自身の体験談を紹介します。

これを見て、少しでも心や命が救われますように。

忘れもしないあれは妊娠6週目、2回目の検診日

すでにツワリらしき症状が出ていたんですが、その日はいつもより症状も軽く体調もよかったので、足取りも軽く産婦人科へ検診を受けに行ったんです。

そしてこれもいつものようにグリグリっと中を見られている時に先生が少し険しい表情になって突然の一言。

うーん…胎芽が見えない。あなたは歳も歳だから早めに手術したほうがいいと思う。

そのときのエコー写真がこちら。

エコー写真

胎嚢はあるけど胎芽がない状態ですね(そもそもこんな時でもエコー写真くれるんだ…って感じですが。)

私もモニターを一緒に見ていたから胎芽が見えないのはわかったいましたが、なんとなく自分ごとのように思えなくてしばらくボーっと上の空で先生の話を聞いていた気がします。

そして今週は予約がいっぱいだから来週のこの曜日に手術しようと決まり、その日は家に帰りました。

今思えば!本当に今思えばなんですが、この日のグリグリ時間がなんか短かった気がするんです。

え?もうちょっと探してくんないの?みたいな。少しでも疑問に思ったのならその場で聞く事も大事なことだと思います。

家に帰ってから涙が止まらなかった

家に帰ったら急に現実味が出てきました。

あーもう赤ちゃんいないんだ…だからツワリ軽かったんだ…手術怖いな…

そう思いながら、とにかく泣きながら今の状況をなんとか理解しよう!納得しよう!と必死でした。

妊娠して間もなかったのにすっかり母性みたいなものが出て、すでにお腹の子に愛情を注ぎはじめてたんだなーって思いました。

夫と両親にもメールしましたが、現実を突きつけられてる気がして、その時が一番辛かったです。

手術までの一週間はなにも覚えてない

もうなーんにもしてませんでした。家でゴロゴロ。

夫に「もう気兼ねなく少しお酒でも飲んじゃえば?」なんて言われた日もあったけど、それはなんとなく嫌な気がして、手術が終わって一段落したら一緒にまた飲みに行こうと約束したんですよ。

今思えばあの時飲まなくてよかったーって感じなんですけどね。

そして手術日は夫と一緒に産婦人科へ

この日は夫に会社を休んでもらって、一緒に産婦人科へ行ってもらいました。

もうとっくに腹はくくれてて、とにかく前に進もうという気でいっぱいだったし、これが終わったら旅行でも行ってゆっくりしようなんて思う余裕も少しはありました。

そして台にのぼって足を開いて「じゃあどういう状態か見るね」とグリグリされて、私もあぁもうグリグリされることも当分ないんだろうなぁなんてボンヤリ考えてたら…

「ん…あれ…あ!生きてる!生きてるよ!しっかり心臓も動いてる!アハハ!ヒャッハー!!!!」

突然先生が興奮し出しまして。

え?なに?生きてるの?ふーん…って、えっ???生きてるっ!?

という感じで私も理解できてないまま、「じゃあ来週も検診来てね!」で帰されたわけです。

待合室で青い顔してうつむいてる夫に「赤ちゃん生きてたわ」と伝えて、「は?」というさらに状況を飲み込めてない夫の返事を背中で受けながら、受付で会計をすませている時に一言「こういうことってあるんですか?」と看護婦さんに聞くと、「うーんごく稀にある…かな…」と。

この産婦人科ではこんな事例はなかったんだなってことがわかってしまうくらいの、引きつった笑顔を白衣の天使さんからもらって帰ってきたわけです。

スポンサーリンク

帰り道で心配になって、他の産婦人科へ

“?”がいっぱい頭についている夫に、さっきあったことを事細かに説明しながら帰っていたら、なんだかだんだんと自分が不安になってきちゃって、本当に生きてるか、生きてたとしても胎児に問題はないのかって、すぐにでも他の先生に診てもらいたくなったんですね。

その場で他の産婦人科に電話して、かくかくしかじかこんなことがあって…と説明して、その足でその産婦人科で診てもらったんです。

そして「胎児には全く問題がないこと」「心拍もしっかりしていること」「まぁこういうことは滅多にないけど、たまに隠れてて見えないことはあるということを教えてくれました。

普通は大抵二週間くらいは様子をみるらしい

ただほんとうに稀にこういうことがあるから、普通は一週間後とかこんなに早く手術することは少ないらしいのですよ。

大抵は一週間後にもう一度検診してから次の週辺りに手術することが一般的(自然流産して血が出たりしたら話は別だけど)だそうです!怒!

くくった腹返せ!!!!!!

こういうこともあるので、疑問に思ったりなんか信用できなかったら他の産婦人科にかかってみるのもいいと思いますよ!

結局私は誤診(?)された産婦人科はやめて、ここの産婦人科でみてもらうことを選択し、最後まで通いました。

あっ!そうそうツワリが少し楽だったのは、ツワリが第二段階にシフトするためだったみたいです。生きてるってわかった週から5段階くらいパワーアップしたツワリがやってきましたから。

忘れられない言葉

両親にも「赤ちゃん生きてました」と連絡して、もちろん折り返しすぐ電話がかかってきて、説明しましたよ。

もちろんヒャッハー!で喜んでくれましたが、そこでもらった母からの言葉が未だに忘れられないんです。 「きっとその子、強い子になるわよ」って。

一回はみんなに亡くなったと思われた我が子。でもしっかり私のお腹の中で生きてたわけです。 「僕まだ生きてるよー!」って一週間お腹の中で言い続けてたことでしょうね。ごめんよ気付けてあげられなくて。

あの日、気付かれず手術を受けてしまってたら…もう想像するだけでゾッとします。 そこでひょっこり現れて存在をしっかりアッピールし、逆境を乗り越えたこの子は強い子になる!って私も確信しました。

ほんでほんとに強い子になったんだな

よく食べてよく遊んでよく寝て、強すぎるから少しくらい弱ってもいいよってくらい強くて立派な我が子ですわ。

最近はわがままも増えて言う事も聞かないし、イヤイヤ期に片足突っ込んでる状態で大変なんですがね。

でもいいのよ。このままで十分。ありがとう生まれてきてくれて! そしてこれからもよろしく!

以上、こりのろっさでした!チャオ!