【子供用のハロウィン衣装】100均のフェルトで作るポップな緑モンスター

Halloween

いやぁ焦った焦った!…あ、どうもこりのろっさです。 いやね「今週末に保育園でハロウィンパーティー開くから、歩くのに邪魔にならない簡単なグッズ持ってきてよ!頭につけるリボンとかが最適!」なぁんて言われたもんだからパニックですよ。 「頭につけるリボンとかが最適!」って言われても我が子は男の子なんでね、リボンで可愛くおめかしする訳にもいかず、とりあえず100円均一には行ったものの、小一時間固まっておりました。 ヨレヨレの魔女の帽子やぺらっぺらなマントなんかはあったけど、なんかいまいちピンとこなくて。 アレコレ考えた結果、いつも着ている服にフェルトで作ったモンスター的なものを貼り付けちゃったらいいんじゃない!?と急に思いつきまして、イチから自分で作りましたよ。製作時間はわずか2時間。超簡単です。これならなーんにも用意してない人でもハロウィンに十分間に合います! 今日はその作り方をご紹介します!はりきっていってみましょう!

まずは材料

無地のロンT以外はすべて100円均一で揃えました。 材料
  • もうすぐサイズアウトしそうな無地のロンT
  • フェルト(黒・緑・白・オレンジ・赤)
  • 動く目玉
  • 普通のボンド
  • 布用ボンド
  • はさみ
  • ペン(下書き用)
  • 紙(下書き用)

作り方

モンスターの下書き

モンスターの下書き まずはどんなモンスターにしたいか考えてから下書きしましょう。ここが一番の難所ですね。センスが必要です。この下書きの時間によっては全製作時間が大幅にオーバーします。 私はセンスがあるので1時間でパパッと書きました。目が3つあって歯がボロボロで、なんとなくモフモフしているアホ丸出しの可愛い海外風モンスターの完成です。センスしかない! 海外風のモンスターって特徴がありますよね。
  • 目の数は「3つ」か「1つ」
  • 色が派手
  • ギザギザだったり出っ歯だったりと「歯に特徴がある」
  • 全体的に異様な形をしてる
  • 眠たそう
  • なんかモフモフしてる
これらをふまえて書くといいでしょう。下書きは実寸大で書いておくとそのまま型紙として使えますよ。

まぶたを作る

まぶた 型紙通りにそれぞれのフェルトを切っていきます。フェルト生地はうまくカットしないとささくれてしまうので、カーブは慎重に切りましょう。 これはモンスターのまぶた部分です。これは普通のボンドで目にくっつけておきます。

口はかまぼこ型に

口部分 笑顔でもよかったんですが口角を下げてほうがアホさが増すので、あえてかまぼこ型に切りました。ポッカーン口の完成です。 そして白いフェルトで歯をつくりますが、歯の大きさはそれぞれ違くなるようにあえてバラバラに切ります。小さほうが可愛いです。 バランスよく配置して布用ボンドで貼付けます。

舌は長く垂れ下がるように

舌 ここがミソです。ロンTからはみ出るようにあえて長い舌にしました。 この舌を口部分に貼るのですが、逆に折り曲げた部分を布用ボンドでとめましょう。そうするとあら不思議、モンスターの舌に躍動感が!

それぞれをバランスよく配置する

貼付ける ロンTに配置して布用ボンドで貼付けて完成です!下書きが嘘のような完成度!センスしかないですね! 若干不安ではありますが、手作りしたという達成感があります。これで我が息子は保育園でヒーローになれること間違いなし。 モンスターだけど。 ということで今回はおしまい。アディオス!