【初心者用】ちょっとしたイラストを描きたいならワコムのペンタブ「Intuos Draw」がおすすめ

Intuos Draw

買っちゃいました買っちゃいましたワコムのペンタブ「Intuos Draw」。これでイラスト描き放題ですよ。こりのろっさです。 以前からちょこちょこイラスト自体は描いたりしていましたが、「イラストを紙に描く」→「iphoneで撮影」→「photoshop上でパスをとる」か「そのまま加工する」という行程がめんどくさくなりまして、ついにペンタブを購入してしまいました。 これならPC上でいきなりイラストを描けちゃうわけです。

ちょこっとイラストを描きたいって人にワコムのペンタブレット「Intuos Draw」をオススメする理由

もっと安いペンタブは他のメーカーからたくさん出ていますが、値段と大きさと機能のバランスが一番とれていると思うのがこの「Intuos Draw」だと思います。 値段はAmazonで購入すれば7000円弱で購入できます。 サイズはSサイズ(210×169mm)とPC周りに置いても邪魔にならないサイズです。ちょっとイラストを描きたい程度の私にとってはちょうどいいサイズ感でした。だいたい手のひらサイズです。 手のひらサイズ それから機能面でも申し分ありません。 描き心地は滑らかで、まるで紙の上に描いているかのようです。筆圧レベルは1024としっかり感知してくれますし、このタブレットの右上と左上にボタンがついていますが、そこに機能の割当などをすることもできます。 ペンの芯がダメになった時も替えがしっかり売っているので困る事もないでしょう。 以上のことから初心者の方や私のようにちょこっと使いしたい方には「Intuos Draw」をおすすめします。

もう少し大きいサイズのペンタブが欲しい方は…

ただし「Intuos Draw」はSサイズしかありませんので、もう少し大きいサイズがほしいよって人は、値段は高くなってしまいますが「Intuos Comic M (27.5 x 21.7 cm)」を検討してみてもいいかもしれません。 「Intuos Comic」にはペンだけでなく指にも反応する「マルチタッチ」機能が搭載されているので、指先でズームしたり画面を移動しながらペンで描くことができます。 「Intuos」シリーズには値段や機能の違った4種類のタイプがありますので、詳細は公式のHPで確認してみてくださいね。 【公式HP】ワコムのペンタブレットを知る http://www.wacom.com/ja-jp/products/intuos

箱の中身はこんな感じになってます

中身 こんな感じで、ペンタブとペン、説明書が入っています。 このペンタブを付属のUSBケーブルでPCに接続して、インターネットでIntuosのドライバーをインストールすればすぐに使う事ができます。設定も簡単です!

お絵描きソフトは無料の「FireAlpaca」を使おう

このソフト私は知らなかったんですが、以前こちらの記事でこんなステキなお絵描きソフトがあることを知りまして、早速ダウンロードして使ってみました。 妻を描いてみた – 『かなり』 使用した感じは素人でも簡単に描けてUIも普段使用してるPhotoshopに似たUIで、とてもわかりやすいと感じました。しかも「手ブレ補正」機能までついてますからね!優秀すぎます!

さっそく自分のプロフィールアイコンを描いてみたよ

ということで、今回購入したワコムのペンタブ「Intuos Draw」を使用して「FireAlpaca」でプロフィールアイコン用のイラストを描いてみました。
自分の顔イラスト
Yhaaaa!うま下手イラストの完成でございます!
私の場合はセンスしかないのでいきなりこんなイラストが描けてしまいますが、画面を見ながら手元でペンを動かして描くという作業はかなり難しかったです。これだけで2時間かかりました。 自分の写真を背景において、トレースするかたちで描いてみました。最初はこんな感じで練習してみてもいいですね。 ちなみに…これすごい私に似てます。この口角が下がってふてぶてしいところとか。まぁ自分の顔をトレースしたので似ているのは当然なんですけどね。 後日、お年玉の袋をイラストで描いてみました。そんな記事はこちら▼
【西伊豆】写真でみる岩地海水浴場と民宿の万翠

まとめ

今日は私が購入した「Intuos Draw」の紹介と、実際に描いてみた感想を紹介しました。 使いこなせるまでには時間がかかりそうですが、やはりここはワコムさん!とても描きやすかったです!興味がある方はぜひ購入してみてください。 これを機にイラストの練習をしてみてもいいかもしれないな、なんて思いました。 以上、こりのろっさでした!チャオ!